プロレスにまなぶブランディング_001

2016年01月12日

brandori-pro-wrestlingこんにちは!
小さな会社のブランディングを応援している
ブランドリです。

これから、ワタシの趣味であるプロレスを熱く語る… 
のは(残念だけど)またの機会にして、
プロレスを例に、ブランディングについて考えてみたいと思う。

プロレスラーにとっては
ブランディングというのはとても重要でね、

レスラーは若手のころから、
お客さんにどうやって自分を覚えてもらおうかと
日々、考えて行動しているんだ。

レスラーは一人一人が
自分の見せ方を日々試行錯誤している
個人事業主みたいなものだから
小さな会社のブランディングにも
きっと、役にたつはずだよ!

 

それでは、次回から、お楽しみに!

team garden
team garden メールマガジン

ブランディング・ワークショップ6DYAS プレリリース

2014年08月05日

branding-workshop-6days

ビジュアルとロジック2つのアプローチで 
ブランドコンセプト&
ブランドブックをつくろう!

  • 自分の事業を整理して捉え直したい!
  • 自分のブランドの種をみつけ、未来の栽培計画を立てたい!
  • 新しくブランドを立ち上げたい!
  • ビジュアルや感性を大切にしたいので、どう引き出して表現すればよいか知りたい!
  • サイトや名刺のビジュアルに統一感を出すために、デザインの方向性を決めたい!
  • マーケティングやマネジメントなどビジネス用語をかみくだいて教えてほしい!
  • 仲間と楽しく協力し合いながら、マーケティングやマネジメントのプランを立てたい!

そのような方向けに
ブランド・コンセプト・ブックをつくる6日間のワークショップを
新しくスタートします。

感性(右脳)とロジック(左脳)を行ったり来たりしながら、
頭と手を使って6日間、ワークに取り組んでいただきます。

毎回のホームワーク(HW)で、
ご自宅でさらに分析を深め、
これを繰り返すことで、ブランドコンセプトが確立!

b e

6日目には、誰に見せても「あなたらしいブランドだね」とうなずいてもらえる
1冊のブランドブックが完成します!

感性とロジックからのアプローチ、そしてスタッフのコーチングにより
「これならうまくいく!」と納得できるブランドが完成する
今までにない画期的なワークショップです!

 team gardenからのメッセージ

bird2

このワークショップは、
普段、マーケティングやマネジメントに馴染みのない方でも
楽しみながらプランをたてていただきたい
という想いを込めて開発したものです。
(詳しくは「小さな会社・個人経営者がデザインをもっと活用するには?!
をご覧ください)

マネジメントやマーケティングというと
どうしても取っつきにくい印象を持ちますが、
未来を創造するためのプロセスですから
本当は、楽しいもののはず!

でも、実際は、難しそう、と考えていらっしゃる方が
多いようにおもいます。

このワークショップでは、
マネジメントとマーケティングの要諦と全体像を理解し
感性(とくにビジュアル表現)と、
マネジメントやマーケティングのロジックを結びつけ
行動に落とし込めるようにさまざまな工夫をしました。

感性もロジックも重要だと私たちは考えていますし
そのようにお考えの方向けのサービスとなっています。

下記に詳細を記しますので、該当するかたはぜひお申し込みください。
team gardenスタッフ一同、いまある力を出し切って
サポートすることをお約束いたします!

2trees

サービスの特徴

ロジックとビジュアルの2つのアプローチで
ブランドの種をみつけ、ブランドの栽培計画をたて
「ブランドブック」という形でまとめます。

マネジメント・マーケティング・ブランディングを
わかりやすく説明します!

ロジックをベースにしつつ、専門用語をあまり使わずに、わかりやすく説明します。専門用語が頭に入ってこない… という方でも、心配は不要です。全体像をつかみたいという方に最適です。

ロジックからのアプローチ

f g

一般的なマーケティング分析で行う3C、ポジショニング等の「フレームワーク」を一通り使用します。一見、難しそうに感じますが、使い方を覚えてしまえば、何度でも使える便利な思考ツールです。

ビジュアルからのアプローチ

c d

ご自身が惹かれるビジュアル表現から、その理由を探ったり、ロジックで導きだした答えを、「ビジュアル」で捉えます。ロジックだけではイメージできない部分を、「ビジュアル」で補いますので、感性で捉えるのが得意な方に特におすすめなアプローチ方法です。

「わかる」だけではなく「できる」までフォロー!

「わかる」ことはもちろん大切。しかし、理解しただけでは、ブランドは育ちません。スムーズに「行動」にうつせるよう、サポートしたいというのが私たち、スタッフの想いです。そのため、team gardenのスタッフは皆、コーチングを学んでいます。はじめてのブランドづくりに取り組む皆さんが行動に移せるよう、できるかぎりのサポートをします。

対象

  • 事業をロジックで捉え直し、思考の整理をしたい方
  • 新しくブランドを立ち上げるので準備をしておきたい方
  • ビジュアルや感性を重視したいけれど方針のたて方がわからない方
  • 一人で考えていると行き詰まる… 協力しあえる仲間がほしい! という方

達成目標

  1. ブランドのそだて方(マネジメント・マーケティング)を学びます
  2. ブランドの栽培計画をたて、ブランドブックとして、1冊にまとめます
  3. 協力し合える仲間をつくります

初回のワークショップ参加のメリット

プレリリースだから、おトク!

このサービスは過去2年間team gardenが提供してきた3days workshop (15万円/税別)のロジックをベースに、「ビジュアル・シンキング」を加えて、ブラッシュアップしたものです。お客様に「大満足」していただくために必要な内容とコストを見極めることが目的のため、より多くの方に参加いただけるよう、お一人様10万円/税別でご提供させていただきます! 今後、このような価格で提供することはありませんので、ピンと来た方は、お早めにお申し込みください。(ただし、参加されるお客様へのお願いがあります。下記、「参加される方へのお願い」をご覧ください)

スタッフのフォローが充実!

ワークショップ中、参加者の皆さんをできるかぎりフォローしたい… と考えています。facebookグループでの質問、疑問にスタッフがおこたえします。ぜひご活用ください!

カリキュラムと日程(内容は入れ替わる場合があります)

 AM/PM内容
1ブランドの種まきから収穫、
お客様にお届けするまでの
プロセス全体を理解しよう
AM自己紹介。
マネジメント・マーケティング概論
ブランドの種の声を聞いてみよう PMブランドが目指すゴールをみつけるワーク
理念・ミッション・ビジョン
2AMタスクの発表/フィードバック
資源
まわりを見渡して、
似ている果実を観察・比較してみよう!
PM環境分析/競合分析
バリューチェーン、PEST分析
3AM環境分析/競合分析
タスクの発表/フィードバック
PM競合分析/顧客分析
3C分析、セグメンテーション
4いちばん喜んでくれそうなお
客さまはどんな人か考えよう!
AMタスクの発表/フィードバック
PM顧客分析
メタファー・ペルソナ・ライフスタイル分析、ポジショニング
5お客さまが、ほんとうに「価値がある」
と感じることは何か考えよう!
AMタスクの発表/フィードバック
PMブランドプロミス、提供価値
6より多くのお客さまに
ブランドの存在を知ってもらう方法を
理解しよう
AMタスクの発表/フィードバック
PMマーケティング戦略概論

定員

最大6名

参加費

10万円(税別)/お一人様

場所

102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F KSフロア
(九段下駅から徒歩1分)

参加される方へのお願い

ワークショップ中の撮影許可(tgのPRに使用します)

team gardenのサイト等でワークショップについて紹介する際に使用させていただきます。(お顔が写っている場合は、事前に了解をいただきます)

毎回のワークショップ終了後、FBやブログなどに
感想記事を書いていただくこと

わたしたちは今後、このワークショップを多くの方にお届けしたいと考えています。というのも、私たちteam gardenのメンバーはクリエイター出身なのですが、マネジメント・マーケティングに関して、ロジック一辺倒の学び方をしたため、だいぶ骨が折れました・笑 ロジックとビジュアル(感性)の両方のアプローチを必要としている方は世の中にはたくさんいらっしゃるはず、なのですがteam gardenだけの力ではなかなか多くの方にお届けできません。

良いところ、悪いところを含めて、皆さんに率直な感想を書いていただくことで、サービス改善にもつながりますし、ありのままのteam gardenをより多くの方に理解していただくことができると考えています。ご理解、ご協力いただけましたら幸いです。
ブログをお持ちではない方は、team gardenのサイトにて、お客様の声としてご紹介させていただければ幸いです。

毎回のワークは延長する場合があります

初回のため、時間配分がうまく行かず、多少延長する場合があるかと思います。ご了承ください。
(1回分追加のワークショップを行う、なんてこともあるかもしれません)

6ヶ月後、1年後、インタビューのお願い

時間をおいて、皆さんがブランドがどのようにそだてているのか、座談会のような形でお集まりいただき、インタビューへの協力をおねがいいたします。

お支払い方法

受講前に指定の銀行口座へのご入金をお願いいたします。詳細はお申し込みをいただいた方にご連絡いたします。

お申し込み方法

お問い合わせ」よりお願い致します。

team garden
team garden メールマガジン

3 収穫した果実をどんな人と分かち合いたいか考えよう

2014年06月27日
  1. ブランドの種の声を聞いてみよう
  2. 周囲を見渡してみよう

ブランドの中と外を確認しましたので
次は、ブランドにとってとても大切な人…
お客さまについて考えてみます。

あなたのブランドが大切にそだてた果実、
どんな人と分かちあいたいのでしょうか?

happy-customer

あなたの想いを理解し、共感してくださったり、
「そう、こんなサービス(商品)をまっていたの!」と
喜んでくださる人がお客様になってくださったら
ブランドにとっても、お客様にとってもHAPPYですよね!

それって、つまりどういう人なのでしょう?
お客様のイメージを明確にするのがこのプロセスの目的です。

ブランディングのヒント

  • ブランドが本当に喜ばせたい人はどんな人(属性:年齢、職業など)ですか?
  • その人を「一人」に限定してみると、どんな生活をしていて、どんな価値観を持っていると想像できますか?

フレームワーク

セグメンテーション
ターゲッティング
ペルソナ
ライフスタイル分析

参考図書

team garden
team garden メールマガジン