BRANDING

3 収穫した果実をどんな人と分かち合いたいか考えよう

2014年06月27日
  1. ブランドの種の声を聞いてみよう
  2. 周囲を見渡してみよう

ブランドの中と外を確認しましたので
次は、ブランドにとってとても大切な人…
お客さまについて考えてみます。

あなたのブランドが大切にそだてた果実、
どんな人と分かちあいたいのでしょうか?

happy-customer

あなたの想いを理解し、共感してくださったり、
「そう、こんなサービス(商品)をまっていたの!」と
喜んでくださる人がお客様になってくださったら
ブランドにとっても、お客様にとってもHAPPYですよね!

それって、つまりどういう人なのでしょう?
お客様のイメージを明確にするのがこのプロセスの目的です。

ブランディングのヒント

  • ブランドが本当に喜ばせたい人はどんな人(属性:年齢、職業など)ですか?
  • その人を「一人」に限定してみると、どんな生活をしていて、どんな価値観を持っていると想像できますか?

フレームワーク

セグメンテーション
ターゲッティング
ペルソナ
ライフスタイル分析

参考図書

team garden
team garden メールマガジン