BLOG

ブランディングスタッフキャンプin 蓼科

2015年04月21日

tateshina

こんにちは!

小さくても強いブランドをチームでつくる
team garden 似鳥です

DSC_2315_883

4月19日、20日と、蓼科にてスタッフキャンプをしてきました!
あいにくの雨でしたが、瑞々しい緑は心をおだやかにしてくれます!

少し寒かったので暖炉に火を入れて…
炎のゆらめきって、素敵! 見ていて飽きません。

炎

が、今回は観光ではなく、MTGのために来たのです!

team gardenのブランドアイデンティティを確認、
新しいサービスや今後の方針について話し合いました。

久々に振り返ってみると、以前ざっくりとたてたビジョンを
達成していたことがわかりました!
team gardenも少しずつ成長していることを実感しています!

team garden staff mtg
ご覧のとおり、team gardenの仲間が一人増えました!
事業計画書にはコンセプトと数値化の両方が重要なのですが、
「数値化」のスペシャリストが参加してくれることになりました!

工藤 靖 プロフィール
1962年生まれ国際基督教大学卒業
株式会社みずほフィナンシャルにて、融資・外為・国際資金為替・海外駐在勤務
2000年9月アイティメディア(旧 株式会社アットマーク・アイティ)創業に参画
2007年4月管理部門責任者として東証マザーズ上場
現在はAvec Plaisir 代表としてネットビジネス関連事業を支援

ブランディングのプロセスを経ると
チームビルディングが自然にできます。
つまり、中小企業においては、自社に合ったスタッフに恵まれる、
ということになるのです。

自社にあう人材がなかなか採用できない…
という経営者の声もたびたび聞きます。
ぜひブランディングをして、実感していただきたいと思います!

実は、当日、鍵を忘れるという大失態をした、私…
高速のインターで気付きました… 
管理会社に連絡をして、鍵を受け取ることができ
心底、ホッとしました。

露天風呂

心も身体もリラックス! 温泉は素敵です!

 

team garden
team garden メールマガジン

ブランディング体験記 フェルデンクライス・プラクティショナー遠藤玲子さん

2014年08月05日

独立して3年を機に 事業を見直すことにした
フェルデンクライス・プラクティショナー 遠藤玲子さんの
ブランディング・ ワークショップ体験記です。
(ご本人の了承を頂き、ご本人のブログより引用しています)

ブランディング・ワークショップ 1st DAY

(1st DAY終了後の遠藤玲子さんのブログより引用)

10465223_700705716675782_4086220224928031436_o

今回の記事は、特に、これから自分で何かをお仕事をしようとしている方に。
そして、ある程度やりつづけて、今迷っているかたに。

私は、9月にかけて、お仕事の構築のために、
こちらのワークショップに参加しています。

ひとりだちして、3年がたち、
もう一度、何のためもっとに今のお仕事をしていて、
私が誰のお役に立てるのかということの再構築。

そして、
そのことをたくさんの人に知っていただけるのか。

マーケティングや、ブランディングや、コビーライターの方が
よってたかって、サポートしてくれます。

そして。
先日は、第一回に参加して、とても印象的な質問がありました。

あなたは、××の中に、どんな言葉を入れますか?

もっと世界が××だったら、世の中が良くなるのに
もっと世界が××だったら、もっと世の中がよくなるのに
みっと世界が、××だったら、もっと皆がしあわせになるのに

いままでの私の問い方は、
「これを通して、どんな世界を実現したい?」
でした。でも、実現したとしても、自分が幸せでなければ、
根っこから湧き出る力は、出ないよね。

どんなに仮に、たとえ、知られていない、わかりにくいサービスであれ、
世界観を共有することができる。
このひとが仲間と思えば、共感してくれるということを
私は、感謝しながら、体感してきました。

だから、コツは、
「わたしのできること、から考えない。」ということなんです。

私であれば、
フェルデンクライスができるから。
長い間、食べものの仕事をしていたから。

ではなく・・・・・・。
それを通して実現する世界を共有すること。

そして、今回は、、

私がしあわせで、私の
周囲みんながそのときしあわせであること。
が、とても大切だし、そこからだこそ、
モチベーションも、ひとが集まることができるのだと、
アドバイスされました。

その質問です。

そして、その世界が実現したら・・・・
●そのときあなたはどうなっているでしょうか?
●その世界が実現したとき、「世界、社会(あなた以外のひと)は、

どうなっているでしょうか?

私、自分の幸せかと、
私のしたいことを実現したい世界が不可分なんて、

そんな視点はありませんでした。

そして、この××が確たるものになったとき、
何をしていても、きっとそのひとのまわりには、
その先の世界に共鳴する、大切なひとたち、、
サポートしてくださる方、助けてくれる方、
そして、そのひとを必要としてくれるひとであふれるはずなのです。

ブランディング・ワークショップ 3rd DAY

(3rd DAY終了後の遠藤玲子さんのブログ記事より引用)

7月から参加している、お仕事再誕生のためのワークショップ。
ブランディングの講座です。

ブランディングワークショップ

えいやっ、と思って、参加しました。

わたしの場合、ブランディングというよりも、
もう一度、
なぜこの仕事をするのか、自分のお仕事をじっくり見直す機会が欲しかった。

「オマエ、ごちゃつくから、何でも頭から出して考えろ」
とは、私を育てた前ボスの言葉。
私の視界いがいのところで、それをしたかった。

ホームベージを作り直そうと、声をかけたのがきっかけでしたが、
もっともっと大切なのは、それ以前のマインドだったり、自分のもっている資源・
強みの発見だったり、
大手のマーケティングをマネしても、
わたしのような特殊なうちに入るであろう、個人事業主はうまくいくはずがない。

大切なのは、
誰に対して届けたいのかだったり、
根っこの部分ですよ、という主催者の姿勢に
ひかれて、決めました。

しかしっ。宿題が出る。

一応、マーケティングの講座でもあるので、フレームワークとかあるのよ。
バリューチェーン・3cとか。ちんぷんかんぷんでも、
ともかく頭の中から外に出してみる、ということは、相当パワフルです。

特に、枠組みがないととっちらかる私にとっては、
「出して、書いてみる」ということで、ずいぶん整理がつきました。

スタッフさんが、デザイナーさん、コンサルタント、コピーライター&コーチ
といらして、
よってたかってサポートしてくれます。
他人の視点が入る、ということは、相当、役に立ちます。

自分では気づかないことを、目に見えるかたちでフィードバックされる
ことのありがたさ!

そして、2回を通して、、
私は、仕事をする原点の原点の核心を、
だんだんとつかんでいる気がします。

そしてしごとはひとりでつくらない。
たぶん、このことが、私にとってはとても大切なことのような気がします。

「Team」、「project」、「garden」
わたしも事業にするときは、そんな名前をわたしのチームにつけたいな。

あいまのランチのパチリ。近所のビストロにて。山羊チーズサラダ
どうせやるなら、楽しくね、の主催者さんの心意気。毎回ランチも楽しみです♪

lunch

team garden
team garden メールマガジン

SERVICE

2013年01月05日

ブランディング・スターター限定プラン

これから創業する方・創業2年未満の方のための、ブランディング・スターター・セットです。マンツーマンでお話をしながら、アイディアを整理・言語化し、Webサイトとしてアウトプットするサポートをします。「ブランドコンサルティング」と「Webサイト制作」がセットになったお得なプランです。進みながら考える、という方向けです!

 

ブランドをマナブ・キメル

アイデンティティきめる編
マーケティング・事業計画たてる編

ブランドをツクル

ブランドを表現する最小単位、ロゴやブランド名をつくります。

ブランドをツタエル

ブランドを伝えるためのWebサイト、名刺、パンフレットなどをつくります。

team garden
team garden メールマガジン