WORK

お客様事例 Nega-Posi(ネガポジ)様

2016年09月21日

Nega-Posi(ネガポジ) 様 封筒 名刺 パンフレット Nega-Posi(ネガポジ) 様 パンフレットNega-Posi(ネガポジ) 様 名刺

nega-posi様サイト

client

ネガポジ(クレーム対応コンサルタント)様

service
  • ブランディングワークショップ
  • ロゴマーク
  • 名刺
  • 封筒
  • Webサイト(ワードプレス)
  • facebook ページ
  • PoworPoint用フォーマット
comment

ブランディングワークショップで明確になった
アイデンティティをもとに各種ツールを制作させていただきました。

講師などもされるBtoBの事業内容でしたので
「信頼」できる落ち着きと
女性らしい「しなやかさ」を表現しました。

スモールビジネス、個人事業主・コンサルタントの方の
ブランディングに必要なツールは
ほぼ網羅できます。

voice

pick up

自分がぼんやり考えていたことがはっきりしてきて
さらに言葉にすることでエッジがたってくる

自分のしたいことがわかってはいるが
どう伝えれば良いか、どうブランディングすればよいか
わからない方におすすすめ

team garden
team garden メールマガジン

お客様事例 Re Meister(リマイスター学院)様

2016年09月21日

remeister-logo

Re Meister(リマイスター学院)様 パンフレット 表紙 Re Meister(リマイスター学院)様 パンフレット Re Meister(リマイスター学院)様 パンフレット

client

リマイスター学院様

service

  • ブランドアイデンティティ
  • ロゴマーク
  • ブランドワンボイス
  • パンフレット

comment

新しいブランドの立ち上げに伴い足つぼサロンの
ブランディングをサポートさせていただきました。

ブランドアイデンティティを言語化する際に、
理念やミッションはリライトを
コピーライターに依頼することもあります。

今回は、お客様とのお話しながら
これしかない、という言葉を
見つけてしまいました!

ブランドの思いをぎゅっと込めた、
ブランドブックのような
1冊になりました。

 

team garden
team garden メールマガジン

お客様事例 はる眼科クリニック様

2016年09月21日

haru-eye01_03haru-eye-02_03

はる眼科様 封筒 はる眼科様 フライヤー リーフレットはる眼科様 リーフレット はる眼科様 リーフレット

haru-eye-clinic-web

client

南浦和 はる眼科クリニック様

service
  • ブランドコーチング(マンツーマン)
  • ブランドアイデンティティ
  • ロゴマーク
  • カラー設計
  • ブランドワンボイス
  • パンフレット・チラシ・封筒(2種)・診察券・名刺
  • 看板
  • Webサイト
  • 撮影・イラスト
comment

南浦和で開業されたはる眼科クリニック様の
ブランディングをサポートさせていただきました。

クリニックの内装とイメージを統一するために
内装設計に入る前に、
ロゴや使用するカラーを決めておいたので
スムーズにすすめることができました。

あたたかみを感じつつも、
きちんとした印象を
表現するデザインになりました。

team garden
team garden メールマガジン

お客様事例 藤沢ラズベリーファーム様

2016年09月15日

藤沢ラズベリーファーム ジャムsoratokaze4763

soratokaze4780

client

岩手県一関のオーガニックラズベリーファーム
藤沢ラズベリーファーム様

service
  • ブランドコーチング(マンツーマン)
  • ブランドアイデンティティ
  • ロゴマーク
  • ブランドワンボイス
  • パッケージコピーライティング
  • パッケージデザイン
comment

岩手県でオーガニックのラズベリーを生産している
藤沢ラズベリーファームさん。
土作りからこだわり、
一度も農薬を使ったことのない畑で
栽培していらっしゃいます。
また、ジャムも、小さなお鍋でコトコト煮て
品質を保つこだわりよう。

味を見てもらえば、美味しいことはよくわかる!
わけですが・・・

残念なことに、購入を考えるお客様は
ほとんどの場合、このような商品の味見ができません。
パッケージだけを見て購入せざるをえないのです。

そのお客さんに、
商品の特徴をしっかり伝えるために
どうすれば伝わるかを「考え」それを表現する
「デザイン」をしたいと思いました。

卸先はどのようなお店が多いのか、
このジャムを買うお客さんは、
どのようなシチュエーションでジャムを購入するのか、
お土産として? 贈り物としてなのか・・・

他のジャムと並べた時に、
ひけを取らないか・・・

などなど、パッケージひとつとっても
考えるべきことはいろいろありますね!

team garden
team garden メールマガジン

小さな会社・個人経営者がデザインをもっと活用するには?!

2014年06月18日

ニタドリさん、サイトや名刺のデザインをどうしたらよいでしょう?

ここ10年ほどで、次第に中小企業やちいさな会社、個人の方から
「サイトや名刺のデザインをどうしたらよいでしょう?」
というご相談を受けることが多くなりました。

もともと、個性的な人やサービスが大好きな私、
こころをこめてサービスを提供している
小さな会社や、個人の方に
ぜひともデザインを活用していただきたい!

と、日に日に思いは強まり、
とうとう、小さな会社や個人経営者のブランディングをサポートする
team gardenをつくるに至りました。

小さな会社や個人の方がデザインを活用するのに必要なこととは?

今の時代、リーズナブルに、それなりのものが手に入ります。
しかし、自社のオリジナリティにこだわり、細部に至るまでしっかりと
ブランディングをしたい、というこだわりのある方は
「オーダーメイド」でないとご満足いただけないことでしょう。

であるとしたら、やはり必要なコストはそれとして考えて
そのデザインという資源を最大限に活用することを
おすすめしたいとおもいます。

しかし、そもそも、どんなデザインが
あなたのブランドにふさわしいのでしょう?

例えばオーダーメイドでスーツをあつらえる場合…

どんな場所に着ていくのか、
相手はどんな方なのか、
自分の肌の色、目の色、髪の色など、
いろいろと考慮し、
生地を選び、しっかり採寸して、
ご自身のパーソナリティを表現するために
様々な工夫をしますよね。

ブランドのロゴの場合はどうでしょう?

あなたのブランドにぴったりの
「ロゴ」ってどんなものなのでしょう?
ブランドの場合は、スーツの場合とは違って、
そもそも「身体」という目に見える実態がありません。

ブランドのロゴをつくる場合も「基準」が必要です!

皆さんお困りなのは、デザインをつくる際、
基準となるものがないこと、ではないでしょうか?

スーツの場合は、何はなくとも「身体」がありました。
さらには、場所、相手の方などの「目的」があり
それにあわせて「スーツ」という「形」が出来上がります。

でも、これからたちあげるブランドの場合は、
基準となるものがなにもない状態です。

それでもロゴは必要…
となると、何らかのとっかかり…
「基準」となるものが必要ですよね!

大企業やマーケティング部門のある企業からの仕事の場合、
ある程度、フォーマット化された「基準」があり、
それに沿って制作することが多いのですが…

小さな会社や、個人の方は、この「基準」をつくることに
なれていませんし、それらをつくる専門家でもありません。

ブランドの「基準」=ブランドアイデンティティ!

ブランドの「基準」という表現をしてきましたが、
一般的には「ブランドアイデンティティ」あるいは
「ブランドのコンセプト」とよばれるものです。

実は、このブランド・アイデンティティ、
「経営戦略・マーケティング戦略」と関係しています。
そのため、ブランド・アイデンティティをつくろうとすると
どうしても、「経営」や「マーケティング」に触れざるをえません。

「お客さんは、デザインが欲しいと言っているのだから
 ロゴだけつくっておけばいいんだよ」と
先輩デザイナーにアドバイスをいただいたことは一度ではありませんし
実際、その方法もないわけではありませんが…

こだわる方には、まったく通用しない気がするんですよね
なんか、ちがうな… という感覚が
ずっと、残ってしまうんです

ブランドをつくりたい方はきっと、
自分のサービスや商品に思い入れがあるだろうし、
しっかりと「形」として表現したいなぁ…

こんなふうにして、何年も試行錯誤を繰り返してきました。
説得に失敗して、お客様をおこらせてしまったことも何度もあります・笑

そんな紆余曲折もありつつ、今、やはりお客様にお伝えしたいのは…

最初はすこし、大変かもしれませんが
あとで、必ずラクになります!
ブランドアイデンティティをしっかりつくりましょう!

短期的にはご負担かもしれませんが
いろいろ経験をしてきた結論として、
長期的に考えてお客様にメリットをもたらすのは
「ブランドアイデンティティをしっかり最初につくること」です。

ですから、「最初にじっくりとブランドのアイデンティティをつくりましょう」
というのが、私たち、team gardenの考えであり、ご提案です。

ミニマムに理解・実践し
最終的にクリエイティブに表現しよう!

team gardenには3人のスタッフがいます。
それぞれ、クリエイティブディレクター、デザイナー、コピーライターという
クリエイターとしての肩書きを持ちながら
経営コンサルも行っているので、ちょっと変わっているかもしれません。

私たちはクリエイティブな表現もさることながら
そういう生き方をする人や企業を応援したいと思っています。

クリエイティブなことや、デザイン、表現が大好きな私たち。
大好きだからこそ、それらを上手に活用するためには
最低限の「知識」は不可欠、ということも
身にしみているのです。

そんな3人があつまって

  • ブランディングに関して本質的なことをミニマムに伝え、しっかり理解してもらう
  • 理解と実践は違うので「実践」をしっかりサポートしよう
  • クリエイティブに表現するための「基準」となるものをつくろう!

上記3つを満たすサービスをつくるために
何度もミーティングを開きました。

つまりそれって…
「ミニマム・ブランディング」ということだったのかも!

表現のプロとして、
愛すべきちいさな企業、個人経営者の皆さんからの
「サイトのデザインをどうしたらいい?」
「ロゴやパッケージでブランド価値を上げたい」
という想いに、しっかりと答えたい、という想いが
私たちteam gardenをここまでつれてきてくれました。

プロとして責任をもってサービスを提供したいという想いから
マネジメントやマーケティングの世界をぐるりとまわり
最終的に、クリエイティブに戻ってきた、という感じがします。

ぐるりとまわってみて改めて、
私たちがご提供したいのは
「ミニマム」に「ブランディング」をおこなうということだと
感じるようになりました。

私たち、人一倍のこだわりと愛情を持って、サービスをつくっています。
というのも……私たちは小さな会社や個人事業主の
個性に触れられる、この仕事が大好きなのです!

好きだからこそ、お客様の素敵な個性をしっかりと表現したい…
そのために、必要な知識はプロとしてしっかりお伝えしなければ、
と考えています。

「これだけは、理解しておいてほしい!」というサービスを
2012年につくりました。
それが、ブランディング・ワークショップ3days。

そして、そのサービスをブラッシュアップし
「実践」を重視し、
「ぜったいお得!」「受講しない方が損!」
と、いえるサービスを
スタッフとともにつくりあげることができました!

ブランディング・ワークショップ6DAYS

branding-workshop-6days

私は広告の仕事をしてきましたが、誇大広告の表現は大嫌いです。
ですから、このような言葉の使い方をすることはめったにありません。

が、今回ばかりは使いましょう。
本当に、こだわってブランドをつくりたいと思っている方は

「だまされたと思って受講してまちがいありません!」

私も、そしてスタッフも、
このサービスに愛をたっぷりこめて、つくりました!

楽しみながら、理解し、成果を出せるワークショップになっています。

これからブランディングをしようとお考えの方に、
ブランドのデザインをどうしよう? とお悩みの方に
ぴったりな内容です!

最終的に、ブランドの「基準」となるコンセプトを一冊にまとめた
「ブランドブック」ができあがります!
しかも、今回(2014.7 start)は
初回のためリーズナブルな価格でのご提供です!

詳しくは、下記をご覧ください!

branding-workshop-6days

team garden
team garden メールマガジン