BLOG

競争せずに勝てる場所が、アナタの近くに眠っているはず!?

2016年06月28日

brandori_1606_02

ブランドリです!
時間をかけて成長する個性やブランドもあれば、
短い時間で作りあげられるものもあると、これまでこのBLOG学んできたね。

強いことだけが個性じゃない!?-ブランドに大切な◯◯◯ということ その1
実はあなたも、友人もブランド!? -ブランドに大切な◯◯◯ということ その2

アナタは、今後どんな分野で自分の事業を伸ばしていきたいと思う?
得意な分野で事業を広げていきたい、というのは
みんな同じなんだけれど、その得意な分野に、
他に競合する会社がたくさんある場合には
競争し続け、勝ち続けなきゃ・・・。
そう考えると、ちょっとしんどい。

そこで、
これからブランドをそだてたいアナタに
ちょっとした秘策をお教えしよう。

小さな会社や個人事業主だって、激しい競争に挑む会社はあるカモ
しれないが、今回はもう少し、競争が少なくて、楽に勝てる場所を
探す方法を考えてみようじゃないか。

 

 

優位に勝てる場所。
競争相手のいないブルーオーシャンを見つけよう

すでに競合の会社が競争を繰り広げている既存市場のことを、レッドオーシャン
競争のない、未開拓な市場をブルーオーシャンと呼ぶが、知っているかい?

競合の多いレッドオーシャンの市場では、
低価格競争や付加価値の高さなど
あるゆる競争をしなければならない。
その一方で、プロレスの世界では、
周囲に競合がいない場所で活躍している人がいる。

元井◯貴さんという、気象予報士だ。
ごく普通のお天気お姉さんだったのだが、
元々もプロレス好きもあって、天気予報×プロレスという
新しい分野を開拓して頑張っているんだよ。

CSにはサムライTVというワタシも大好きな格闘技チャンネルがある。
その番組のひとつ、「速報バトル☆メン」という番組で、
全国のプロレス会場の天気を予報する
「戦う天気予報」がプロレスファンに大人気!らしいぞ。

もっとも、その天気予報をしているのは「ミ◯ティコ」という
別人ってことになっている・・・・!!
大きな声では言えないことなんだけれどね(笑)

メキシコ出身設定なので、メキシコのルチャドールスタイルの
覆面を被っての謎のマスクレディ!
『天気をプロレスに例えて強引に丸め込む』ワザが得意、
プロレス愛が激しすぎるところも、
ワタシはもちろんプロレスファンのツボ。面白い!!

 

自分は何を持っている?
それがわかると、新しいブランドが発見できる

プロレスファンに大人気になった元井◯貴さんだが、
特に、メキシコのルチャドールというプロレスが好きすぎて、
スペイン語を覚え、外国人選手との通訳のポジションを得たという話も
あるくらいだから、そのプロレス愛がわかるよね。

元井さんの場合、気象予報士に、好きだったプロレスの要素を加え
二人といない、気象予報士☓プロレスという
ニッチな市場での地位を確立しているわけだけれど、
もともと需要のある気象予報士とプラスα、のように、
2つの要素を掛けあわせたものが、ブルーオーシャン市場になりやすい
と言われているんだ。

だからもし、今の事業で競争に悩まされているのならば、
得意ななにかをプラスして、新しいブランドにならないかと
考えてみてほしい!

そのとき、商品や事業にどんどんと新しい付加価値を付けるだけでなく、
何かを減らすことも考えても良いカモしれない。

先ほどのミ◯ティコの戦う天気予報も、天気予報にプロレス要素を加えている
から、天気予報がプロレス技やネタに例えられてしまい、実はプロレスファン以外には
結構わかりにくいんだ。

例えば
『みちのくプロレス方面(東北地方)では、
チョップを受けた胸板のように赤く紅葉が染まり・・・』
という感じにね(笑)

それでも、ミキティコから天気予報を聞きたいファン層にはウケている。
ファンをピンポイントに狙った戦略、これこそがブルーオーシャン
のお手本だと思う。

競争が激しいレッドオーシャンで生き抜くのは、大変な苦労がある。
一度、会社や事業、アナタの持っている資源を洗い出して、
未開拓な市場、ブルーオーシャンを探す機会が
あっても良いと思うよ。

まぁ、実際のところ、自分が持っているものに「気づく」ということが
一番難しいかもしれないね。
そんなときは、ぜひ、ブランドリ・カフェに参加してね!

待ってるカモ!

team garden
team garden メールマガジン