WORK

お客様事例 はる眼科クリニック様

2016年09月21日

haru-eye01_03haru-eye-02_03

はる眼科様 封筒 はる眼科様 フライヤー リーフレットはる眼科様 リーフレット はる眼科様 リーフレット

haru-eye-clinic-web

client

南浦和 はる眼科クリニック様

service
  • ブランドコーチング(マンツーマン)
  • ブランドアイデンティティ
  • ロゴマーク
  • カラー設計
  • ブランドワンボイス
  • パンフレット・チラシ・封筒(2種)・診察券・名刺
  • 看板
  • Webサイト
  • 撮影・イラスト
comment

南浦和で開業されたはる眼科クリニック様の
ブランディングをサポートさせていただきました。

クリニックの内装とイメージを統一するために
内装設計に入る前に、
ロゴや使用するカラーを決めておいたので
スムーズにすすめることができました。

あたたかみを感じつつも、
きちんとした印象を
表現するデザインになりました。

team garden
team garden メールマガジン

お客様事例 藤沢ラズベリーファーム様

2016年09月15日

藤沢ラズベリーファーム ジャムsoratokaze4763

soratokaze4780

client

岩手県一関のオーガニックラズベリーファーム
藤沢ラズベリーファーム様

service
  • ブランドコーチング(マンツーマン)
  • ブランドアイデンティティ
  • ロゴマーク
  • ブランドワンボイス
  • パッケージコピーライティング
  • パッケージデザイン
comment

岩手県でオーガニックのラズベリーを生産している
藤沢ラズベリーファームさん。
土作りからこだわり、
一度も農薬を使ったことのない畑で
栽培していらっしゃいます。
また、ジャムも、小さなお鍋でコトコト煮て
品質を保つこだわりよう。

味を見てもらえば、美味しいことはよくわかる!
わけですが・・・

残念なことに、購入を考えるお客様は
ほとんどの場合、このような商品の味見ができません。
パッケージだけを見て購入せざるをえないのです。

そのお客さんに、
商品の特徴をしっかり伝えるために
どうすれば伝わるかを「考え」それを表現する
「デザイン」をしたいと思いました。

卸先はどのようなお店が多いのか、
このジャムを買うお客さんは、
どのようなシチュエーションでジャムを購入するのか、
お土産として? 贈り物としてなのか・・・

他のジャムと並べた時に、
ひけを取らないか・・・

などなど、パッケージひとつとっても
考えるべきことはいろいろありますね!

team garden
team garden メールマガジン

目標に向かって突き進めるチームを作ろう!
チームビルディングのポイント その1

2016年08月02日

7.15-1

やあやあ、ブランドリです!

仕事やチームスポーツ、イベントなどでは
人を集めて物事を進めるときに、リーダー的な人が
他の人のまとめ役になったり、
指示を出したりする場合が多いね。

今回はそんなときに思い出して欲しい
「チームビルディング」について教えるよー

 

◯◯◯に動くと効率がアップ?
働くヒトの気持ちは・・・

起業をするタイミング、
または新しいチームで新事業を行うとき、
淡々と目的に向かうチームもあれば
上手くまとまらない場合もある。

原因は様々だと思うが、チームとしてひとつの目標に
向かって行く時、なにが大事なんだろう?
自分が働くチームがどんな場所だったら良いのだろう・・・

 

もしもアナタが社員だったら・・・

仕事を任されるとき、アレコレ強制させるよりも、
自分で考えて
仕事をこなすほうが、
楽しく仕事ができると思わないかい?
「あのお客さんにはコレを勧めよう!」とか
自分の裁量で決められたりね。

 

アナタが管理職や社長だったら・・・

部下に1から10まで
全部指示をするのは大変!
概略を説明したら、あとは自分で考えて
提案したり、実行してくれたら・・・
どんなに助かるだろう!

 

 

立場は違っても同じモノが決め手。
キーワードは「主体的」

社員と管理職、社長など
それぞれの視点は違うけれど、決め手は
共通しているのは主体的に考え、
動ける環境があるかどうか
、ということなんだ。

主体的に動けると、
判断をその都度、個人で決められるから、
仕事のペースも早いし
同じ目的を共有しているから、
チームとしてのまとまりもあるんだね。

 

しかし実際には
「そんなコト言ったって、社員がついてきてくれないよ」
「新しい事業にぴったりのプランがあるのに、
周囲の同意が得られない・・・」
「スタッフを増やしたのに、前よりも効率が悪い。何故?」
なんて声もある。

そんな人にこそ
「チームビルディング」の秘密を知ってほしいんだ。

 

次回は、周囲を巻き込むちょっとしたコツを
お教えするよー

 

team garden
team garden メールマガジン

描いた夢に近づこう!! -彼らが教えてくれた、なりきることの大切さ その2

2016年07月26日

7.14-2
前回に引き続き、「なりきることの大切さ」が
テーマだよ。
今回の例はプロレスではなくて、
ロックな世界の大スターで、学んでみよう!
ワタシもなりきっているよー

 

 

見習うべし!あの、伝説のロックスターの逸話

いつもプロレスに例えているとおり、
ブランディングの視点からもプロレスが好きなワタシだが
そんなワタシがプロレス以外で
ブランディング能力が素晴らしいと思う方がいる。

あの、矢沢永吉さんだ。

デビュー時から還暦をすぎた現在まで、
ずっと活躍するロックミュージシャンは
彼以外いないのだそう。
ロックを日本でもメジャーなものにした、先駆者だ。

 

彼は色んな名言や逸話を持っているのだが、そのなかで
今回参考にしてもらいたい、

「俺は良いけど、YAZAWAはなんて言うかな?」という話。

 

****

時はツアーの最中。
普段、永ちゃんが宿泊するのは
ホテルの中でも最上級、スウィートクラスの部屋なのだが、
たまたま、スタッフの手違いで、ランク下の
普通の部屋を取ってしまった。

その話を聞いた永ちゃん、
「ああそう。部屋がないわけじゃないから、俺は別にいいよ。
・・・ただ、YAZAWAは何て言うかな?」
と答えたのだとか。

その後、スタッフは慌てて
別のホテルでスウィートの部屋を取り直したそうだ。

****

カッコイイー!
ここでスゴイのは永ちゃんのビッグさ、だけじゃないよ。

 

 

プロデューサー目線で、ファン憧れの存在になりきる!

このような予期しないアクシデントは人生につきもの。
普通の人なら、よほどの理由がないと
このように一貫した行動を取れないものなんだ。

「ホテルの部屋の予約を間違えました」→「まあ、いいか」と
許してしまいそうなことでも、
プロデューサー目線でYAZAWAというキャラクターがどう動くべきか
認識しているから「YAZAWAはどうかな?」と答えられるんだ。

永ちゃんは個人として生きているのではなくて
ファンが夢見る、伝説のロックスターYAZAWAとして、
生活をしているんだね。

「なりたい人や目指す夢があるのなら、
すでに叶ったように行動する」

というのは、昔から言われていることだけれど、
常にそのように行動し続けることで
偉大なロックスターや、人気のプロレスラーが
出来上がってゆくヒミツなのカモ。

この機会に、アナタもいまから
ちょっと「なりきる」を試してみたらどうかな?

パタパタ

 

 

team garden
team garden メールマガジン

人気がでる前から一流レスラー!? 
-彼らが教えてくれた、なりきることの大切さ その1

2016年07月19日

7.14-1

やあこんにちは、ブランドリです。

しばらくブランディングなどビジネス用語とプロレスの話が
飛び交っていた、このBLOG。
今日はブランディングのお話をひと休みして、
夢への近づき方のポイントを教えちゃうよー

 

 

人気が出る前から人気レスラー!?
なるべくして、なるヒミツ!

今回のBLOGでは
ビジネス用語はお休みだけれど、プロレスだけは外せない、カモー!
今日もプロレスに例えて、夢への近づき方を教えちゃうよー

鈴木みのる選手というレスラーがいるんだが、
人気がある人だから知っているかな?

こは選手の入場テーマ曲は
大ファンである、シンガーソングライターの
中村あゆみさんのものなのだ。

約20年ほど前、デビューして数年の鈴木選手が
自ら、彼女にお願いして制作された楽曲が、
今もメインテーマとして使われているのだ。

 

 

大スターに楽曲依頼!?
なかなかできることじゃないぞ!

その当時、中村あゆみさんといえば
すでに大ヒット曲を持つスターだった。

相手は一流芸能人、たとえプロのレスラーであっても、
自分で自分の楽曲制作を
依頼するってとても勇気がいることだったと思う。

現在では、鈴木選手、
入場テーマ曲を中村さん自身に歌ってもらいながら
登場することもあるし、
プロレスラーとして第一線で活躍している。

しかし、若い頃の鈴木選手も、
大スターに楽曲制作の依頼をした、ってことは
自分もそれに見合った人である・・・あるいはそうなる!
と「決めていた」んだろうね!

こんなのような行動を、
普通の人だって真似できないことはないんだ。

この、一流の選手になる!、なれる!という思いや
普段の生活から、そうなりきることの大切さ、
ブランディングにはとても大切なんだよ。

 

次回のBLOGも引き続き、「なりきることの大切さ!」
ワタシが白スーツにサングラス、の理由も、わかっちゃうよー

team garden
team garden メールマガジン