VOICE

ブランディング体験記 フェルデンクライス・プラクティショナー遠藤玲子さん

2014年08月05日

独立して3年を機に 事業を見直すことにした
フェルデンクライス・プラクティショナー 遠藤玲子さんの
ブランディング・ ワークショップ体験記です。
(ご本人の了承を頂き、ご本人のブログより引用しています)

ブランディング・ワークショップ 1st DAY

(1st DAY終了後の遠藤玲子さんのブログより引用)

10465223_700705716675782_4086220224928031436_o

今回の記事は、特に、これから自分で何かをお仕事をしようとしている方に。
そして、ある程度やりつづけて、今迷っているかたに。

私は、9月にかけて、お仕事の構築のために、
こちらのワークショップに参加しています。

ひとりだちして、3年がたち、
もう一度、何のためもっとに今のお仕事をしていて、
私が誰のお役に立てるのかということの再構築。

そして、
そのことをたくさんの人に知っていただけるのか。

マーケティングや、ブランディングや、コビーライターの方が
よってたかって、サポートしてくれます。

そして。
先日は、第一回に参加して、とても印象的な質問がありました。

あなたは、××の中に、どんな言葉を入れますか?

もっと世界が××だったら、世の中が良くなるのに
もっと世界が××だったら、もっと世の中がよくなるのに
みっと世界が、××だったら、もっと皆がしあわせになるのに

いままでの私の問い方は、
「これを通して、どんな世界を実現したい?」
でした。でも、実現したとしても、自分が幸せでなければ、
根っこから湧き出る力は、出ないよね。

どんなに仮に、たとえ、知られていない、わかりにくいサービスであれ、
世界観を共有することができる。
このひとが仲間と思えば、共感してくれるということを
私は、感謝しながら、体感してきました。

だから、コツは、
「わたしのできること、から考えない。」ということなんです。

私であれば、
フェルデンクライスができるから。
長い間、食べものの仕事をしていたから。

ではなく・・・・・・。
それを通して実現する世界を共有すること。

そして、今回は、、

私がしあわせで、私の
周囲みんながそのときしあわせであること。
が、とても大切だし、そこからだこそ、
モチベーションも、ひとが集まることができるのだと、
アドバイスされました。

その質問です。

そして、その世界が実現したら・・・・
●そのときあなたはどうなっているでしょうか?
●その世界が実現したとき、「世界、社会(あなた以外のひと)は、

どうなっているでしょうか?

私、自分の幸せかと、
私のしたいことを実現したい世界が不可分なんて、

そんな視点はありませんでした。

そして、この××が確たるものになったとき、
何をしていても、きっとそのひとのまわりには、
その先の世界に共鳴する、大切なひとたち、、
サポートしてくださる方、助けてくれる方、
そして、そのひとを必要としてくれるひとであふれるはずなのです。

ブランディング・ワークショップ 3rd DAY

(3rd DAY終了後の遠藤玲子さんのブログ記事より引用)

7月から参加している、お仕事再誕生のためのワークショップ。
ブランディングの講座です。

ブランディングワークショップ

えいやっ、と思って、参加しました。

わたしの場合、ブランディングというよりも、
もう一度、
なぜこの仕事をするのか、自分のお仕事をじっくり見直す機会が欲しかった。

「オマエ、ごちゃつくから、何でも頭から出して考えろ」
とは、私を育てた前ボスの言葉。
私の視界いがいのところで、それをしたかった。

ホームベージを作り直そうと、声をかけたのがきっかけでしたが、
もっともっと大切なのは、それ以前のマインドだったり、自分のもっている資源・
強みの発見だったり、
大手のマーケティングをマネしても、
わたしのような特殊なうちに入るであろう、個人事業主はうまくいくはずがない。

大切なのは、
誰に対して届けたいのかだったり、
根っこの部分ですよ、という主催者の姿勢に
ひかれて、決めました。

しかしっ。宿題が出る。

一応、マーケティングの講座でもあるので、フレームワークとかあるのよ。
バリューチェーン・3cとか。ちんぷんかんぷんでも、
ともかく頭の中から外に出してみる、ということは、相当パワフルです。

特に、枠組みがないととっちらかる私にとっては、
「出して、書いてみる」ということで、ずいぶん整理がつきました。

スタッフさんが、デザイナーさん、コンサルタント、コピーライター&コーチ
といらして、
よってたかってサポートしてくれます。
他人の視点が入る、ということは、相当、役に立ちます。

自分では気づかないことを、目に見えるかたちでフィードバックされる
ことのありがたさ!

そして、2回を通して、、
私は、仕事をする原点の原点の核心を、
だんだんとつかんでいる気がします。

そしてしごとはひとりでつくらない。
たぶん、このことが、私にとってはとても大切なことのような気がします。

「Team」、「project」、「garden」
わたしも事業にするときは、そんな名前をわたしのチームにつけたいな。

あいまのランチのパチリ。近所のビストロにて。山羊チーズサラダ
どうせやるなら、楽しくね、の主催者さんの心意気。毎回ランチも楽しみです♪

lunch

team garden
team garden メールマガジン

会社にぴったりのロゴデザインのつくり方

2013年07月28日

profile

参考:スコップ&ペンシル社のロゴマーク

会社にぴったりのロゴデザインをつくりたいけれど、
どうやって作っていいのかわからない…
というご相談を時折いただきます。

デザインは会社が着続ける服!と考えてみる

若い頃は雑誌のモデルの服にあこがれて
無理して着るなんてこともありますね・笑

年を重ねるにつれて 次第に、
自分というものがわかってきて 自分に似合う服を選べるようになります。
個性を知り、その個性を活かした服を 身につけている人というのは、
素敵に見えるものです。

会社の場合も、同じなのです。
会社のアイデンティティ、文化、あり方、
会社が目指す理想の世界のイメージが
「見た目」にも表現されているとき、
素敵に見えますし、それが「会社にぴったりのロゴデザイン」だと
私たちは考えています。

ロゴマークは、常に身に付けるもの!

ロゴマークはさまざまなデザインのなかで
お客様や社員、スタッフが「目にする機会」が
最も多いものです。

繰り返し目にする(接触回数が多い)

その会社のブランドのイメージが、
お客様の頭の中にしぜんと形作られる

わけですから、
ブランディングにおいては非常に重要な要素です。

だからこそ、何度も繰り返し使うもの、
ネーミングやロゴマークは
どんなブランドとしてイメージされたいのかを
最初にしっかり考えてから作りたいものです。

会社にぴったりのロゴデザインを作るには?

人の場合、自分というものがわかってきて
自分に似合う服を選べるようになります。 
個性を知り、その個性を活かした服を 身につけている人というのは、
素敵に見えるものですが、会社の場合も同じです。

ですから、デザインの前に…
自社の個性などを理解してから
作ることが大切なのです。

ロゴデザインをデザイナーに依頼して作る場合に気をつけたいこと

デザイナーと一口にいっても、得意分野が異なります。
言われた通りに作るのが得意なデザイナーもいれば
デザイナー独特の世界観を表現するのが得意という方もいます。
ですから、そのデザイナーがどんなデザインを得意としているのか
確認をしておきましょう。

ロゴデザインは、
企業文化やアイデンティティを表現するものなので、
最初のミーティングで
会社の文化や、アイデンティティ、これからどんな世界を創りたいのか
という話をぜひしてみてください。
(たいていは、初回のミーティングは無料で対応してくれます)

なお、ロゴデザイン以外にも、パンフレット、
名刺などのアイテムも作る予定がある場合は
それらも同じデザイナーに依頼するのか
あるいは、別にするのか、ということも
考えておくとよいでしょう。

 team gardenの場合…

私たち、team gardenがデザインのご相談をいただくとき
お客さまとお話しながらすすめていきますが
場合によっては、すぐに制作に入らずに
「ブランドのそだてかた」を
理解していただくことをおすすめする場合もあります。

というのも、デザインというのは
「ぴったり」「ていねいに」つくろうとすればするほど
費用がかかってしまうものなのです。
(すべてオートクチュールですからね…)
修正があれば、さらに費用がかさんでしまいます。

ですから、できるだけ、制作にかかる費用がかさまないように、
どんなイメージでつくるか、ということを
あらかじめしっかり考えていただきたいのです。
また、デザインに投資した費用をしっかり回収していただくために
デザインを「使いこなすためのプラン」を
たてておくことも大切だと考えています。

そのために必要なのが

  1. 一般的なそだてかたを学ぶ
  2. 自分なりのブランド栽培計画をたてること
  3. その計画を実践すること

です。興味がある方は、お問い合わせくださいね!

team garden
team garden メールマガジン