BLOG

実はあなたも、友人もブランド!? -ブランドに大切な○○○ということ その2

2016年06月01日

6.2-2

前回はプロレスで戦う選手たちの
ブランドを探ってみたね。
競技スポーツの世界では、一番だけがスゴイ!
というイメージだけれど、
プロレスラーには、色んな個性があるよね!
brandori_2_双眼鏡

友人の個性を考えると、ブランディングがぐっと身近になる

ブランディングって難しいと思っている人は、まだいるかい?
ブランドという言葉を聞くと、高級ブランドを思い浮かべることも
多いだろうから、まあ、無理のない話なのだけれどね。

そんな人でも、ブランディングを身近に考えられるコツはある。
キミの友人を思い出してみるんだ。

友人レベルなら、何が好きで、何処に住んでいて、
どういう性格をしているかをわかるだろう?

どういう性格か、好きな食べものな何か、どんな映画が好きか、
とても小さなことだって、その人の個性なんだ。

次に、友達の友達のことを、考えてみよう。
わからない人が多いのではないかな?

理由は簡単さ。キミの友達が、
その友達のことを教えてくれないからなんだよね。

もしかしたら、キミがとてもおもしろい人で、みんなに話したくなるエピソード
を持っていたら、友達の友達にまで、名前が伝わっているかもしれないね。


キミも、
料理の得意な友人に、パーティの料理を頼むかもしれない。
映画好きの同僚には、おすすめの映画を教えてもらうかもしれない。
友人レベルで考えると、単なる個性や特技だけれど、
会社や団体に置き換えると、
個性や特技がブランドの差別化の要因になるんだ。

 

ブランドって聞くと、敷居が高いように聞こえるカモ
しれないけれど、その人だと特定ができる、一貫した個性のことなんだね。

 

 

短期間で個性を育てるにはどうすればいいの?

ここで、ひとつ覚えておきたいことがある。

個性(=ブランド)には、
元々持っている個性を長い年月をかけて積み重ねたものと、
意図的に作りあげるものがあるということだ。

先ほど例にあげた、友人の個性は
持っている性格なども加わって、長い時間をかけて
作りあげたものだね。

でも、前回の、プロレスラーの個性は
短時間で、意図的に作ったものだとわかるだろう?
プロレスラーとしてリングに上がるために、
短時間で個性をぐいっと育てているんだ。

一方、いつの間にか身につくようなものは
とても時間がかかる。
キミや友人の個性は数年から数十年かけて、コツコツ作ったものだもの。

だから、企業や会社が世間に特徴を打ち出したいとき、
事業や商品をブランド化させたい希望があるときには
ブランドを掘り起こして、育てる作業が必要。

自然に待っていては、いつ完成するか・・・
もしかしたら、永遠に完成しないカモー!

一貫性のあるブランドを短期間につくるには、
工夫が必要なんだよ!!

 

team garden
team garden メールマガジン