会社にぴったりのロゴデザインのつくり方

2013年07月28日

profile

参考:スコップ&ペンシル社のロゴマーク

会社にぴったりのロゴデザインをつくりたいけれど、
どうやって作っていいのかわからない…
というご相談を時折いただきます。

デザインは会社が着続ける服!と考えてみる

若い頃は雑誌のモデルの服にあこがれて
無理して着るなんてこともありますね・笑

年を重ねるにつれて 次第に、
自分というものがわかってきて 自分に似合う服を選べるようになります。
個性を知り、その個性を活かした服を 身につけている人というのは、
素敵に見えるものです。

会社の場合も、同じなのです。
会社のアイデンティティ、文化、あり方、
会社が目指す理想の世界のイメージが
「見た目」にも表現されているとき、
素敵に見えますし、それが「会社にぴったりのロゴデザイン」だと
私たちは考えています。

ロゴマークは、常に身に付けるもの!

ロゴマークはさまざまなデザインのなかで
お客様や社員、スタッフが「目にする機会」が
最も多いものです。

繰り返し目にする(接触回数が多い)

その会社のブランドのイメージが、
お客様の頭の中にしぜんと形作られる

わけですから、
ブランディングにおいては非常に重要な要素です。

だからこそ、何度も繰り返し使うもの、
ネーミングやロゴマークは
どんなブランドとしてイメージされたいのかを
最初にしっかり考えてから作りたいものです。

会社にぴったりのロゴデザインを作るには?

人の場合、自分というものがわかってきて
自分に似合う服を選べるようになります。 
個性を知り、その個性を活かした服を 身につけている人というのは、
素敵に見えるものですが、会社の場合も同じです。

ですから、デザインの前に…
自社の個性などを理解してから
作ることが大切なのです。

ロゴデザインをデザイナーに依頼して作る場合に気をつけたいこと

デザイナーと一口にいっても、得意分野が異なります。
言われた通りに作るのが得意なデザイナーもいれば
デザイナー独特の世界観を表現するのが得意という方もいます。
ですから、そのデザイナーがどんなデザインを得意としているのか
確認をしておきましょう。

ロゴデザインは、
企業文化やアイデンティティを表現するものなので、
最初のミーティングで
会社の文化や、アイデンティティ、これからどんな世界を創りたいのか
という話をぜひしてみてください。
(たいていは、初回のミーティングは無料で対応してくれます)

なお、ロゴデザイン以外にも、パンフレット、
名刺などのアイテムも作る予定がある場合は
それらも同じデザイナーに依頼するのか
あるいは、別にするのか、ということも
考えておくとよいでしょう。

 team gardenの場合…

私たち、team gardenがデザインのご相談をいただくとき
お客さまとお話しながらすすめていきますが
場合によっては、すぐに制作に入らずに
「ブランドのそだてかた」を
理解していただくことをおすすめする場合もあります。

というのも、デザインというのは
「ぴったり」「ていねいに」つくろうとすればするほど
費用がかかってしまうものなのです。
(すべてオートクチュールですからね…)
修正があれば、さらに費用がかさんでしまいます。

ですから、できるだけ、制作にかかる費用がかさまないように、
どんなイメージでつくるか、ということを
あらかじめしっかり考えていただきたいのです。
また、デザインに投資した費用をしっかり回収していただくために
デザインを「使いこなすためのプラン」を
たてておくことも大切だと考えています。

そのために必要なのが

  1. 一般的なそだてかたを学ぶ
  2. 自分なりのブランド栽培計画をたてること
  3. その計画を実践すること

です。興味がある方は、お問い合わせくださいね!


team garden
team garden メールマガジン
Comments

Leave a Comment