BLOG

目標に向かって突き進めるチームを作ろう!
チームビルディングのポイント その1

2016年08月02日

7.15-1

やあやあ、ブランドリです!

仕事やチームスポーツ、イベントなどでは
人を集めて物事を進めるときに、リーダー的な人が
他の人のまとめ役になったり、
指示を出したりする場合が多いね。

今回はそんなときに思い出して欲しい
「チームビルディング」について教えるよー

 

◯◯◯に動くと効率がアップ?
働くヒトの気持ちは・・・

起業をするタイミング、
または新しいチームで新事業を行うとき、
淡々と目的に向かうチームもあれば
上手くまとまらない場合もある。

原因は様々だと思うが、チームとしてひとつの目標に
向かって行く時、なにが大事なんだろう?
自分が働くチームがどんな場所だったら良いのだろう・・・

 

もしもアナタが社員だったら・・・

仕事を任されるとき、アレコレ強制させるよりも、
自分で考えて
仕事をこなすほうが、
楽しく仕事ができると思わないかい?
「あのお客さんにはコレを勧めよう!」とか
自分の裁量で決められたりね。

 

アナタが管理職や社長だったら・・・

部下に1から10まで
全部指示をするのは大変!
概略を説明したら、あとは自分で考えて
提案したり、実行してくれたら・・・
どんなに助かるだろう!

 

 

立場は違っても同じモノが決め手。
キーワードは「主体的」

社員と管理職、社長など
それぞれの視点は違うけれど、決め手は
共通しているのは主体的に考え、
動ける環境があるかどうか
、ということなんだ。

主体的に動けると、
判断をその都度、個人で決められるから、
仕事のペースも早いし
同じ目的を共有しているから、
チームとしてのまとまりもあるんだね。

 

しかし実際には
「そんなコト言ったって、社員がついてきてくれないよ」
「新しい事業にぴったりのプランがあるのに、
周囲の同意が得られない・・・」
「スタッフを増やしたのに、前よりも効率が悪い。何故?」
なんて声もある。

そんな人にこそ
「チームビルディング」の秘密を知ってほしいんだ。

 

次回は、周囲を巻き込むちょっとしたコツを
お教えするよー

 

team garden
team garden メールマガジン

描いた夢に近づこう!! -彼らが教えてくれた、なりきることの大切さ その2

2016年07月26日

7.14-2
前回に引き続き、「なりきることの大切さ」が
テーマだよ。
今回の例はプロレスではなくて、
ロックな世界の大スターで、学んでみよう!
ワタシもなりきっているよー

 

 

見習うべし!あの、伝説のロックスターの逸話

いつもプロレスに例えているとおり、
ブランディングの視点からもプロレスが好きなワタシだが
そんなワタシがプロレス以外で
ブランディング能力が素晴らしいと思う方がいる。

あの、矢沢永吉さんだ。

デビュー時から還暦をすぎた現在まで、
ずっと活躍するロックミュージシャンは
彼以外いないのだそう。
ロックを日本でもメジャーなものにした、先駆者だ。

 

彼は色んな名言や逸話を持っているのだが、そのなかで
今回参考にしてもらいたい、

「俺は良いけど、YAZAWAはなんて言うかな?」という話。

 

****

時はツアーの最中。
普段、永ちゃんが宿泊するのは
ホテルの中でも最上級、スウィートクラスの部屋なのだが、
たまたま、スタッフの手違いで、ランク下の
普通の部屋を取ってしまった。

その話を聞いた永ちゃん、
「ああそう。部屋がないわけじゃないから、俺は別にいいよ。
・・・ただ、YAZAWAは何て言うかな?」
と答えたのだとか。

その後、スタッフは慌てて
別のホテルでスウィートの部屋を取り直したそうだ。

****

カッコイイー!
ここでスゴイのは永ちゃんのビッグさ、だけじゃないよ。

 

 

プロデューサー目線で、ファン憧れの存在になりきる!

このような予期しないアクシデントは人生につきもの。
普通の人なら、よほどの理由がないと
このように一貫した行動を取れないものなんだ。

「ホテルの部屋の予約を間違えました」→「まあ、いいか」と
許してしまいそうなことでも、
プロデューサー目線でYAZAWAというキャラクターがどう動くべきか
認識しているから「YAZAWAはどうかな?」と答えられるんだ。

永ちゃんは個人として生きているのではなくて
ファンが夢見る、伝説のロックスターYAZAWAとして、
生活をしているんだね。

「なりたい人や目指す夢があるのなら、
すでに叶ったように行動する」

というのは、昔から言われていることだけれど、
常にそのように行動し続けることで
偉大なロックスターや、人気のプロレスラーが
出来上がってゆくヒミツなのカモ。

この機会に、アナタもいまから
ちょっと「なりきる」を試してみたらどうかな?

パタパタ

 

 

team garden
team garden メールマガジン

人気がでる前から一流レスラー!? 
-彼らが教えてくれた、なりきることの大切さ その1

2016年07月19日

7.14-1

やあこんにちは、ブランドリです。

しばらくブランディングなどビジネス用語とプロレスの話が
飛び交っていた、このBLOG。
今日はブランディングのお話をひと休みして、
夢への近づき方のポイントを教えちゃうよー

 

 

人気が出る前から人気レスラー!?
なるべくして、なるヒミツ!

今回のBLOGでは
ビジネス用語はお休みだけれど、プロレスだけは外せない、カモー!
今日もプロレスに例えて、夢への近づき方を教えちゃうよー

鈴木みのる選手というレスラーがいるんだが、
人気がある人だから知っているかな?

こは選手の入場テーマ曲は
大ファンである、シンガーソングライターの
中村あゆみさんのものなのだ。

約20年ほど前、デビューして数年の鈴木選手が
自ら、彼女にお願いして制作された楽曲が、
今もメインテーマとして使われているのだ。

 

 

大スターに楽曲依頼!?
なかなかできることじゃないぞ!

その当時、中村あゆみさんといえば
すでに大ヒット曲を持つスターだった。

相手は一流芸能人、たとえプロのレスラーであっても、
自分で自分の楽曲制作を
依頼するってとても勇気がいることだったと思う。

現在では、鈴木選手、
入場テーマ曲を中村さん自身に歌ってもらいながら
登場することもあるし、
プロレスラーとして第一線で活躍している。

しかし、若い頃の鈴木選手も、
大スターに楽曲制作の依頼をした、ってことは
自分もそれに見合った人である・・・あるいはそうなる!
と「決めていた」んだろうね!

こんなのような行動を、
普通の人だって真似できないことはないんだ。

この、一流の選手になる!、なれる!という思いや
普段の生活から、そうなりきることの大切さ、
ブランディングにはとても大切なんだよ。

 

次回のBLOGも引き続き、「なりきることの大切さ!」
ワタシが白スーツにサングラス、の理由も、わかっちゃうよー

team garden
team garden メールマガジン

競争せずに勝てる場所が、アナタの近くに眠っているはず!?

2016年06月28日

brandori_1606_02

ブランドリです!
時間をかけて成長する個性やブランドもあれば、
短い時間で作りあげられるものもあると、これまでこのBLOG学んできたね。

強いことだけが個性じゃない!?-ブランドに大切な◯◯◯ということ その1
実はあなたも、友人もブランド!? -ブランドに大切な◯◯◯ということ その2

アナタは、今後どんな分野で自分の事業を伸ばしていきたいと思う?
得意な分野で事業を広げていきたい、というのは
みんな同じなんだけれど、その得意な分野に、
他に競合する会社がたくさんある場合には
競争し続け、勝ち続けなきゃ・・・。
そう考えると、ちょっとしんどい。

そこで、
これからブランドをそだてたいアナタに
ちょっとした秘策をお教えしよう。

小さな会社や個人事業主だって、激しい競争に挑む会社はあるカモ
しれないが、今回はもう少し、競争が少なくて、楽に勝てる場所を
探す方法を考えてみようじゃないか。

 

 

優位に勝てる場所。
競争相手のいないブルーオーシャンを見つけよう

すでに競合の会社が競争を繰り広げている既存市場のことを、レッドオーシャン
競争のない、未開拓な市場をブルーオーシャンと呼ぶが、知っているかい?

競合の多いレッドオーシャンの市場では、
低価格競争や付加価値の高さなど
あるゆる競争をしなければならない。
その一方で、プロレスの世界では、
周囲に競合がいない場所で活躍している人がいる。

元井◯貴さんという、気象予報士だ。
ごく普通のお天気お姉さんだったのだが、
元々もプロレス好きもあって、天気予報×プロレスという
新しい分野を開拓して頑張っているんだよ。

CSにはサムライTVというワタシも大好きな格闘技チャンネルがある。
その番組のひとつ、「速報バトル☆メン」という番組で、
全国のプロレス会場の天気を予報する
「戦う天気予報」がプロレスファンに大人気!らしいぞ。

もっとも、その天気予報をしているのは「ミ◯ティコ」という
別人ってことになっている・・・・!!
大きな声では言えないことなんだけれどね(笑)

メキシコ出身設定なので、メキシコのルチャドールスタイルの
覆面を被っての謎のマスクレディ!
『天気をプロレスに例えて強引に丸め込む』ワザが得意、
プロレス愛が激しすぎるところも、
ワタシはもちろんプロレスファンのツボ。面白い!!

 

自分は何を持っている?
それがわかると、新しいブランドが発見できる

プロレスファンに大人気になった元井◯貴さんだが、
特に、メキシコのルチャドールというプロレスが好きすぎて、
スペイン語を覚え、外国人選手との通訳のポジションを得たという話も
あるくらいだから、そのプロレス愛がわかるよね。

元井さんの場合、気象予報士に、好きだったプロレスの要素を加え
二人といない、気象予報士☓プロレスという
ニッチな市場での地位を確立しているわけだけれど、
もともと需要のある気象予報士とプラスα、のように、
2つの要素を掛けあわせたものが、ブルーオーシャン市場になりやすい
と言われているんだ。

だからもし、今の事業で競争に悩まされているのならば、
得意ななにかをプラスして、新しいブランドにならないかと
考えてみてほしい!

そのとき、商品や事業にどんどんと新しい付加価値を付けるだけでなく、
何かを減らすことも考えても良いカモしれない。

先ほどのミ◯ティコの戦う天気予報も、天気予報にプロレス要素を加えている
から、天気予報がプロレス技やネタに例えられてしまい、実はプロレスファン以外には
結構わかりにくいんだ。

例えば
『みちのくプロレス方面(東北地方)では、
チョップを受けた胸板のように赤く紅葉が染まり・・・』
という感じにね(笑)

それでも、ミキティコから天気予報を聞きたいファン層にはウケている。
ファンをピンポイントに狙った戦略、これこそがブルーオーシャン
のお手本だと思う。

競争が激しいレッドオーシャンで生き抜くのは、大変な苦労がある。
一度、会社や事業、アナタの持っている資源を洗い出して、
未開拓な市場、ブルーオーシャンを探す機会が
あっても良いと思うよ。

まぁ、実際のところ、自分が持っているものに「気づく」ということが
一番難しいかもしれないね。
そんなときは、ぜひ、ブランドリ・カフェに参加してね!

待ってるカモ!

team garden
team garden メールマガジン

自分のことは、他人が知っている!?◯◯◯な視点を活かそう

2016年06月24日

brandori_1606_01

やあ、ブランドリです。
巷にはセルフブランディング
(=個人が自らをプロモーションし、宣伝すること)
という言葉があるけれど、このBLOGの読者の皆さんは
やってみたことがあるかな?

個人事業主ならば多かれ少なかれ
自らをブランド化して商売を行って
いる場合が多いと思うけれど、これが結構大変!

今日はセルフブランディングのコツを紹介するよー

 

 

自分が一番わかっていない!?セルフブランディングの落とし穴

実は、自分だけで自分をブランド化をする
セルフブランディングは、とっても難しい!
何故だか、わかるかい!?

ブランディングっていうのは、
自分以外の人、例えばお客さんや会社外の人から
どう感じてもらえるか、どう評価されるかが一番大事なんだ。

例えば、自分を
かっこ良く見せたい!とか、セレブっぽく見せたい!などという
希望があったとして、アナタが周囲にそう思ってもらえるように、行動するとしよう。
セルフブランディングだったら、お金を掛けず、
SNSを使って自分の生活の写真を投稿したり、
Twitterで短い意見を述べたりするね。

でも、本当に自分の周りの人が、かっこ良いと思ってくれているかな?

 

実は、周囲の人のホンネは自分にはわかりにくい。
これは日本人の性格的なこともあるのでは、と思うけれど、
言いにくいことは、あまり伝えない奥ゆかしさがあるね。

もしかしたら、必死で表現していることが
かっこ良いけれど古臭い…と思われているかもしれないだろう?
普通の一般人ならば、他人の評価は、自分で得ようとしなければ
情報が入ってこないんだ。

 

 

ファンの気持ちがダイレクトに伝わる・・・、それがプロレス!

今日はプロレスの話が無いなぁ…と思ったら、大まちがい(笑)
プロレスの話はこれからだよー

プロレスはというと、リングの上でファンの反応を
間近で感じられるね。

汚い反則をしたら、ブーイングの嵐が巻き起こるし、
死闘の上で勝ったら、拍手喝采!!涙を流すファンもいる。
おちゃめな選手なら、笑いの渦に包まれるぞ!

若手選手のヤングライオンたちは、
人気の選手が築いてきたブランディングのお手本が間近にあるため
人気を獲得する方法や、個性を見つけるヒントを得られるわけだ。

プロレスだったら、得意ワザを披露する。
ワタシたちは自分の得意なことを表現する。
それが、ファンや周囲の人に評価されなければ、
その行動は意図した目的を果たしていないって、ことになるね。

ひとことで言うと、ブランディングや、セルフブランディングは
客観的に評価してくれる人が、必要なんだ。

 

 

自分や会社を客観的に捉えよう!アドバイスの重要性

team gardenは小さな会社を応援しているから、
お客さんも個人事業主が多いのだが、
なかには自分の名刺に書く、肩書が決まらない、という人もいる。

これ、企業に務めている人にはわかりにくいカモ
しれないけれど、とても真面目な話なんだ。

多岐にわたる仕事をしていると、自分が
お客さんにとって「どんな仕事をしてくれる人」だと
見られているか、わからなくなってしまうこともある。
そんなときには、1度客観的に考える機会が必要だね。

仕事の内容はどんなもの?
お客さんにとってどんな存在?

できれば、そんなことを一緒に考える、パートナーがいるのが好ましい。

team gardenのブランディングワークショップ
「アイデンティティきめる編」では、
事業計画やマーケティングの部分だけではわからない
経営者の内面を引き出し、今後の目標や方針を決める役割を担っているから
ブランディングについて、気になる人はぜひ相談してほしい。

 

ちなみに、
経営者ならば肩書や今後の仕事のことなど、
悩みは尽きないだろう。
事業の大きい、小さいに関わらず、個人事業主だって
経営のパートナーは
絶対に必要だとワタシは思っているんだよ。

昔は、税理士や公認会計士などが、
会社の将来についての相談役の役割を担ってきたケースが多かっただろう。
公私を共にし、会社の未来をつくってきた。
現在では、経営者のパートナーは今やコーチングやコンサルティング、
マーケティングなど、様々な業種にわかれている。

その事業がどんな分野を重視しているにせよ、相談できる人がいると
客観的な視点でもアドバイスがもらえるね。

team garden
team garden メールマガジン