BLOG

目標に向かって突き進めるチームを作ろう!
チームビルディングのポイント その1

2016年08月02日

7.15-1

やあやあ、ブランドリです!

仕事やチームスポーツ、イベントなどでは
人を集めて物事を進めるときに、リーダー的な人が
他の人のまとめ役になったり、
指示を出したりする場合が多いね。

今回はそんなときに思い出して欲しい
「チームビルディング」について教えるよー

 

◯◯◯に動くと効率がアップ?
働くヒトの気持ちは・・・

起業をするタイミング、
または新しいチームで新事業を行うとき、
淡々と目的に向かうチームもあれば
上手くまとまらない場合もある。

原因は様々だと思うが、チームとしてひとつの目標に
向かって行く時、なにが大事なんだろう?
自分が働くチームがどんな場所だったら良いのだろう・・・

 

もしもアナタが社員だったら・・・

仕事を任されるとき、アレコレ強制させるよりも、
自分で考えて
仕事をこなすほうが、
楽しく仕事ができると思わないかい?
「あのお客さんにはコレを勧めよう!」とか
自分の裁量で決められたりね。

 

アナタが管理職や社長だったら・・・

部下に1から10まで
全部指示をするのは大変!
概略を説明したら、あとは自分で考えて
提案したり、実行してくれたら・・・
どんなに助かるだろう!

 

 

立場は違っても同じモノが決め手。
キーワードは「主体的」

社員と管理職、社長など
それぞれの視点は違うけれど、決め手は
共通しているのは主体的に考え、
動ける環境があるかどうか
、ということなんだ。

主体的に動けると、
判断をその都度、個人で決められるから、
仕事のペースも早いし
同じ目的を共有しているから、
チームとしてのまとまりもあるんだね。

 

しかし実際には
「そんなコト言ったって、社員がついてきてくれないよ」
「新しい事業にぴったりのプランがあるのに、
周囲の同意が得られない・・・」
「スタッフを増やしたのに、前よりも効率が悪い。何故?」
なんて声もある。

そんな人にこそ
「チームビルディング」の秘密を知ってほしいんだ。

 

次回は、周囲を巻き込むちょっとしたコツを
お教えするよー

 

team garden
team garden メールマガジン

自分のことは、他人が知っている!?◯◯◯な視点を活かそう

2016年06月24日

brandori_1606_01

やあ、ブランドリです。
巷にはセルフブランディング
(=個人が自らをプロモーションし、宣伝すること)
という言葉があるけれど、このBLOGの読者の皆さんは
やってみたことがあるかな?

個人事業主ならば多かれ少なかれ
自らをブランド化して商売を行って
いる場合が多いと思うけれど、これが結構大変!

今日はセルフブランディングのコツを紹介するよー

 

 

自分が一番わかっていない!?セルフブランディングの落とし穴

実は、自分だけで自分をブランド化をする
セルフブランディングは、とっても難しい!
何故だか、わかるかい!?

ブランディングっていうのは、
自分以外の人、例えばお客さんや会社外の人から
どう感じてもらえるか、どう評価されるかが一番大事なんだ。

例えば、自分を
かっこ良く見せたい!とか、セレブっぽく見せたい!などという
希望があったとして、アナタが周囲にそう思ってもらえるように、行動するとしよう。
セルフブランディングだったら、お金を掛けず、
SNSを使って自分の生活の写真を投稿したり、
Twitterで短い意見を述べたりするね。

でも、本当に自分の周りの人が、かっこ良いと思ってくれているかな?

 

実は、周囲の人のホンネは自分にはわかりにくい。
これは日本人の性格的なこともあるのでは、と思うけれど、
言いにくいことは、あまり伝えない奥ゆかしさがあるね。

もしかしたら、必死で表現していることが
かっこ良いけれど古臭い…と思われているかもしれないだろう?
普通の一般人ならば、他人の評価は、自分で得ようとしなければ
情報が入ってこないんだ。

 

 

ファンの気持ちがダイレクトに伝わる・・・、それがプロレス!

今日はプロレスの話が無いなぁ…と思ったら、大まちがい(笑)
プロレスの話はこれからだよー

プロレスはというと、リングの上でファンの反応を
間近で感じられるね。

汚い反則をしたら、ブーイングの嵐が巻き起こるし、
死闘の上で勝ったら、拍手喝采!!涙を流すファンもいる。
おちゃめな選手なら、笑いの渦に包まれるぞ!

若手選手のヤングライオンたちは、
人気の選手が築いてきたブランディングのお手本が間近にあるため
人気を獲得する方法や、個性を見つけるヒントを得られるわけだ。

プロレスだったら、得意ワザを披露する。
ワタシたちは自分の得意なことを表現する。
それが、ファンや周囲の人に評価されなければ、
その行動は意図した目的を果たしていないって、ことになるね。

ひとことで言うと、ブランディングや、セルフブランディングは
客観的に評価してくれる人が、必要なんだ。

 

 

自分や会社を客観的に捉えよう!アドバイスの重要性

team gardenは小さな会社を応援しているから、
お客さんも個人事業主が多いのだが、
なかには自分の名刺に書く、肩書が決まらない、という人もいる。

これ、企業に務めている人にはわかりにくいカモ
しれないけれど、とても真面目な話なんだ。

多岐にわたる仕事をしていると、自分が
お客さんにとって「どんな仕事をしてくれる人」だと
見られているか、わからなくなってしまうこともある。
そんなときには、1度客観的に考える機会が必要だね。

仕事の内容はどんなもの?
お客さんにとってどんな存在?

できれば、そんなことを一緒に考える、パートナーがいるのが好ましい。

team gardenのブランディングワークショップ
「アイデンティティきめる編」では、
事業計画やマーケティングの部分だけではわからない
経営者の内面を引き出し、今後の目標や方針を決める役割を担っているから
ブランディングについて、気になる人はぜひ相談してほしい。

 

ちなみに、
経営者ならば肩書や今後の仕事のことなど、
悩みは尽きないだろう。
事業の大きい、小さいに関わらず、個人事業主だって
経営のパートナーは
絶対に必要だとワタシは思っているんだよ。

昔は、税理士や公認会計士などが、
会社の将来についての相談役の役割を担ってきたケースが多かっただろう。
公私を共にし、会社の未来をつくってきた。
現在では、経営者のパートナーは今やコーチングやコンサルティング、
マーケティングなど、様々な業種にわかれている。

その事業がどんな分野を重視しているにせよ、相談できる人がいると
客観的な視点でもアドバイスがもらえるね。

team garden
team garden メールマガジン

アナタの仕事に、理念はあるかい?-もしも、人生の進路に迷ったら・・・ その1

2016年06月07日

6.3-1

前回まではワタシ達の身近なブランドについてのBLOGだったけれど
どうだったかな? 友達や見回りのことに例えて考えてみると
ブランディングが、すごく身近に感じられるよね。

今日のBLOGでは、ブランドの核心の部分にせまるよー

これまで、個性があるとお客さんに選ばれるという話があったけれど
読んでどのように感じただろうか。

 

人はなぜ惹きつけられる? そこに大きな想いがあるからさ!

色々なプロレス団体があるが、「選手自身の個性を生かす」ということは
どこの団体も同じだ。

では、そのようにしているの何故なんだろう?
みんなは、何に惹きつけられているんだろう?
どんな理想を追い求めているのかが、気になるよね。

 

そこで、老舗ではなく、
新興プロレス団体「D○Tプロレスリング」の場合を例にしよう。
そのプロレス団体は、比較的新しく
ユニークな企画をする団体として有名だ。

商店街でプロレスを行ったり、アイドルとコラボレーションするなど
エンターテイメント性が高いから、真剣勝負を求めている人には敬遠されることもあるが
女性など、これまでプロレスに接したことがない人たちが
新しいファンとして増加している。

ワタシはまだ会ったことがないのだが
この団体を旗揚げした社長は、
「プロレスだけで食べていける環境を作りたい」
という想いがあるようなんだ。

(興味がある人はコチラ

 

それまで、新興団体のプロレスラーは
選手として活動しつつも、それだけを仕事にしていては生活ができなかった。
アルバイトや他の仕事をやりながら、掛け持ちで続けるのが普通だったんだ。

だから、D○Tでは、まず、「プロレスだけで食べていける環境を作る」
ということを目標にしたんだね。
さらにD○Tは、若いプロレスラーが、
プロレス選手として、リングの上以外にも働くことが
できる場所を用意した。

会社がそういう場所を用意してくれたら
選手は安心だよね!

また、もっと大きな夢もあるようだよ。
それは、「もう一度、プロレスを国民的なものに」と考えていることだ!

昭和のプロレスは国民的な人気があった。
でも、今は、地上波でプロレス枠は殆どない。
戦後、たくさんの人を勇気づけたプロレスを、
またメジャーなものにしたいと考えているんだ。

勝負の世界だから、リングの上では厳しい展開もある。
それでも、選手はまた立ち上がる。
そういった姿でたくさんの人に勇気や元気をあたえたいんだろう。

 

選手がプロレスで生活できるように。
プロレスを知らない人にも見てもらえるように。
みんなを勇気づけるために。

大社長は頑張っているんだ! と聞いたら
どう? きみも応援したくならない?

 

うんうん、わかっている。
この社長の思いは、しっかりとワタシの胸に届いているよー!!

 

 

アナタの仕事や人生に、「目的地と地図」はあるかい?

プロレスの世界でなくても、
どんな業界でも良いのだけれど
物事を進めるとき、長期的に何を達成したいか
どんな理念を持っているのか、というのが、とても重要なことなんだ。

 

自分は何のために存在するのだろう。
将来、何を成し遂げたいのだろう。
そういったことを、アナタは考えたことがあるかい?

 

アナタがもし、個人事業主や会社の経営者、または、
フリーランス業などで、ある程度自分で仕事をつくる人ならば
今ある仕事に、理念目標をつくることは、とても重要だ。

なぜなら、「ゴールがわからないけれど、ただ闇雲に走りだす」よりも
「目的地が見える場所に向かって、進む」ほうが、早く目的地に到達するから。

 

目標はその都度、変わっていっても構わない。
しかし、自分がどのような道に進んでいくべきか、わからない場合
team gardenが役に立つよ!迷ったときには、ぜひ相談して欲しい。

 

 

team garden
team garden メールマガジン

あなたのブランド理念(ゴール)は何ですか?

2014年06月19日

team garden ブランディング・ワークショップ6days
テキストとワークを作成中です!

どう説明したら理解していただけるかな…
どんなファイルをつかおうかな…
みなさん喜んでくれるかな〜 ウフフ♡

…少々お恥ずかしいですが…
制作しているときの私は、こんな妄想を繰り返しています!

さて、このワークショップ、様々なワークがあるのですが、
そのなかから、最初のひとつをご紹介しますね!

もし世界が○○だったら、もっと世の中がよくなるのに!

if

ちょっと気を楽にして、こちらの質問に答えてみてください!

  • もし世界が——だったら、もっと世の中がよくなるのに
  • もし世界が——だったら、もっと世の中の問題が解決するのに
  • もし世界が——だったら、もっとみんなが幸せになるのに

どんな答えが思い浮かびましたか?
ひとつでも、すべてに答えてもかまいません!
この質問は毎回、いろんな答えがあり、とても面白いのです。

○○だったらいいなぁ と
想像でかまいませんから、ぜひ考えてみてください。

ポイントは「世界が」というところ!

この質問のポイントは、「世界が」というところなのです。

世界じゅうがこうだったらいいなぁと想いを馳せることで、
普段はつい、近視眼的になったり、制限してしまう思考を
ぐぐっと拡げることができるんです。

そして、この質問の答えは「ブランド理念」に関係しています。

ブランド理念というのは、ブランドが目指す世界、ゴール、
ブランドが存在する目的そのもののことです。

この質問への答えが、
なんのために、このブランドは存在するの?
ということの答えそのものになることもありますし、
ヒントになることもあります。

そもそも、なぜこのブランドをそだてようとしているんだっけ?
と、自分に問うこと、それがブランディングの出発点です。

ブランド理念に関するおすすめの本

GROW by Jim Stengel

「どうして、高次のブランド理念が究極の成長エンジンとなるのか?
 どうして、ブランド理念に基づいて行動すると、企業やブランド、そして個人が
 極めて大きな成長を遂げられるのか?

 この点を明らかにすることが本書の目的である」

ブランド王国P&Gのグローバルマーケティング責任者として
ブランディングを知り尽くした著者がたどり着いた結論が
「ブランド理念」であることは興味深いですね。

ブランドの成長を促進するために
ブランド理念に取り入れるべき5つのルールが掲載されている。
これからブランド理念をつくる方にはぜひ参考にしていただきたいと思います。

team garden
team garden メールマガジン