描いた夢に近づこう!! -彼らが教えてくれた、なりきることの大切さ その2

2016年07月26日

7.14-2
前回に引き続き、「なりきることの大切さ」が
テーマだよ。
今回の例はプロレスではなくて、
ロックな世界の大スターで、学んでみよう!
ワタシもなりきっているよー

 

 

見習うべし!あの、伝説のロックスターの逸話

いつもプロレスに例えているとおり、
ブランディングの視点からもプロレスが好きなワタシだが
そんなワタシがプロレス以外で
ブランディング能力が素晴らしいと思う方がいる。

あの、矢沢永吉さんだ。

デビュー時から還暦をすぎた現在まで、
ずっと活躍するロックミュージシャンは
彼以外いないのだそう。
ロックを日本でもメジャーなものにした、先駆者だ。

 

彼は色んな名言や逸話を持っているのだが、そのなかで
今回参考にしてもらいたい、

「俺は良いけど、YAZAWAはなんて言うかな?」という話。

 

****

時はツアーの最中。
普段、永ちゃんが宿泊するのは
ホテルの中でも最上級、スウィートクラスの部屋なのだが、
たまたま、スタッフの手違いで、ランク下の
普通の部屋を取ってしまった。

その話を聞いた永ちゃん、
「ああそう。部屋がないわけじゃないから、俺は別にいいよ。
・・・ただ、YAZAWAは何て言うかな?」
と答えたのだとか。

その後、スタッフは慌てて
別のホテルでスウィートの部屋を取り直したそうだ。

****

カッコイイー!
ここでスゴイのは永ちゃんのビッグさ、だけじゃないよ。

 

 

プロデューサー目線で、ファン憧れの存在になりきる!

このような予期しないアクシデントは人生につきもの。
普通の人なら、よほどの理由がないと
このように一貫した行動を取れないものなんだ。

「ホテルの部屋の予約を間違えました」→「まあ、いいか」と
許してしまいそうなことでも、
プロデューサー目線でYAZAWAというキャラクターがどう動くべきか
認識しているから「YAZAWAはどうかな?」と答えられるんだ。

永ちゃんは個人として生きているのではなくて
ファンが夢見る、伝説のロックスターYAZAWAとして、
生活をしているんだね。

「なりたい人や目指す夢があるのなら、
すでに叶ったように行動する」

というのは、昔から言われていることだけれど、
常にそのように行動し続けることで
偉大なロックスターや、人気のプロレスラーが
出来上がってゆくヒミツなのカモ。

この機会に、アナタもいまから
ちょっと「なりきる」を試してみたらどうかな?

パタパタ

 

 


team garden
team garden メールマガジン