アナタの仕事に、理念はあるかい?-もしも、人生の進路に迷ったら・・・ その1

2016年06月07日

6.3-1

前回まではワタシ達の身近なブランドについてのBLOGだったけれど
どうだったかな? 友達や見回りのことに例えて考えてみると
ブランディングが、すごく身近に感じられるよね。

今日のBLOGでは、ブランドの核心の部分にせまるよー

これまで、個性があるとお客さんに選ばれるという話があったけれど
読んでどのように感じただろうか。

 

人はなぜ惹きつけられる? そこに大きな想いがあるからさ!

色々なプロレス団体があるが、「選手自身の個性を生かす」ということは
どこの団体も同じだ。

では、そのようにしているの何故なんだろう?
みんなは、何に惹きつけられているんだろう?
どんな理想を追い求めているのかが、気になるよね。

 

そこで、老舗ではなく、
新興プロレス団体「D○Tプロレスリング」の場合を例にしよう。
そのプロレス団体は、比較的新しく
ユニークな企画をする団体として有名だ。

商店街でプロレスを行ったり、アイドルとコラボレーションするなど
エンターテイメント性が高いから、真剣勝負を求めている人には敬遠されることもあるが
女性など、これまでプロレスに接したことがない人たちが
新しいファンとして増加している。

ワタシはまだ会ったことがないのだが
この団体を旗揚げした社長は、
「プロレスだけで食べていける環境を作りたい」
という想いがあるようなんだ。

(興味がある人はコチラ

 

それまで、新興団体のプロレスラーは
選手として活動しつつも、それだけを仕事にしていては生活ができなかった。
アルバイトや他の仕事をやりながら、掛け持ちで続けるのが普通だったんだ。

だから、D○Tでは、まず、「プロレスだけで食べていける環境を作る」
ということを目標にしたんだね。
さらにD○Tは、若いプロレスラーが、
プロレス選手として、リングの上以外にも働くことが
できる場所を用意した。

会社がそういう場所を用意してくれたら
選手は安心だよね!

また、もっと大きな夢もあるようだよ。
それは、「もう一度、プロレスを国民的なものに」と考えていることだ!

昭和のプロレスは国民的な人気があった。
でも、今は、地上波でプロレス枠は殆どない。
戦後、たくさんの人を勇気づけたプロレスを、
またメジャーなものにしたいと考えているんだ。

勝負の世界だから、リングの上では厳しい展開もある。
それでも、選手はまた立ち上がる。
そういった姿でたくさんの人に勇気や元気をあたえたいんだろう。

 

選手がプロレスで生活できるように。
プロレスを知らない人にも見てもらえるように。
みんなを勇気づけるために。

大社長は頑張っているんだ! と聞いたら
どう? きみも応援したくならない?

 

うんうん、わかっている。
この社長の思いは、しっかりとワタシの胸に届いているよー!!

 

 

アナタの仕事や人生に、「目的地と地図」はあるかい?

プロレスの世界でなくても、
どんな業界でも良いのだけれど
物事を進めるとき、長期的に何を達成したいか
どんな理念を持っているのか、というのが、とても重要なことなんだ。

 

自分は何のために存在するのだろう。
将来、何を成し遂げたいのだろう。
そういったことを、アナタは考えたことがあるかい?

 

アナタがもし、個人事業主や会社の経営者、または、
フリーランス業などで、ある程度自分で仕事をつくる人ならば
今ある仕事に、理念目標をつくることは、とても重要だ。

なぜなら、「ゴールがわからないけれど、ただ闇雲に走りだす」よりも
「目的地が見える場所に向かって、進む」ほうが、早く目的地に到達するから。

 

目標はその都度、変わっていっても構わない。
しかし、自分がどのような道に進んでいくべきか、わからない場合
team gardenが役に立つよ!迷ったときには、ぜひ相談して欲しい。

 

 


team garden
team garden メールマガジン