強いことだけが個性じゃない!?-ブランドに大切な◯◯◯ということ その1

2016年05月27日

6.2-1

やあこんにちは、ブランドリです。
今日もteam gardenのみんなは元気にお仕事しているよー

新しいことが次々に動き出しそうな予感!
仕事は楽しく、やるのが良いカモー

さて、ブランディング、リブランディングの素晴らしさがわかったところで
ワタシたちの身近なブランディングについて、もっと追求していこう!
題材はもちろん、プロレスだよー

はじめましてブランドリです

 

 

さあ、カモの目でプロレスの試合を見ようか

前回、リブランディングとプロレスの関連性をお話したね。
今日は、なかなか気が付かない、アナタのすぐ近くにあるブランディングを
もう少し掘り下げてみようじゃないか。

では早速、プロレスの試合を思い浮かべてみよう!!

 

ある試合があったとしよう。
選手の入場にはテーマ曲がある。コスチュームも決まっている。
キックが得意とか、キメ技はコレだね、とか
選手ごとにイメージがでてくるだろう?

実はコレ、意図的に作っている。偶然じゃないんだ。
コレっていうイメージがないとお客さんが個性を発見しにくいし、
たくさんの選手に埋もれてしまうんだ。
だから他の選手とどこが違うか、
違うところを強調しようと、努力し続けているんだよ。

 

 

個性をつくるのは、自分のためだけじゃないぞ

当たり前のようだが、毎回決まったコスチュームを着るし、態度も一貫している
ヒール役なら悪そうな顔や表情をしていて、それに似合うコメントを話す。
もう、お気づきカモしれないが、彼らはキャラクターを作っているんだね。

他とは違うキャラクターをつくる。
その活動全体がブランディングなのだよ。
そして、とても重要なのが「一貫性」だ。

じゃあそもそも、なんでブランディングが必要なのか。
差別化っていう言葉で、括ることもできるけど
特徴を出したほうが良い理由は、実にシンプル。
お客さんに、ファンになってほしいから、だね。

他の選手と区別がつかないと、お客さんは選べない。
ワタシはどの選手が好き!と、決めにくいんだ。
ファンになりやすい環境を、作っているんだね。

 

「弱い」だって、個性。カッコイイだけが強みじゃない!

では、プロレス選手たちの個性ってどんなものがあると思う?
めっぽう強い選手はいつも、みんなの憧れだけれど、
それだけじゃないぞ。

以前、テレビや週刊誌を賑わせていた「○ージャス松野」さんは
実はプロレスラーという顔ももっている。
「グレート○鹿」選手はもう70才を過ぎたおじいちゃんだが、最近もデスマッチ
をやっていた。ベルトに挑戦するとかって話もあるそうだよ。

わかるかい? 一番強い人だけに、人気が集まるワケじゃない。
プロレスは見ている人を喜ばせるためのものなんだ。

成長途中か、あと数歩でベルトを目指せる選手なら
トップを目指すのも悪く無い。
ただ、強いだけが個性じゃないのもわかるだろう?
第一線から退いた選手でも、同じ年齢、同じような境遇の
人たちを喜ばせることはできるんだ。

リングで人気の選手と対戦して負けたら、自分の弱い部分もわかる。
どうやってファンを喜ばせているかも、わかるかもしれないな。
プロレスラーは、頭も使わないといけない。
自らプロデュースして、ブランドをつくっているのだからね。

 

 

おっと、もうこんな時間か。
次回は、キミが気が付かない、
身の回りに隠れたブランドについてお話しちゃうよー


team garden
team garden メールマガジン