BLOG

だるまさん、自分のゴールを考える。-だるまさんBLOG第4回

2016年11月03日

daruma_san_0825

前回のお話・・・だるまさん、ブランディングに出会う。だるまさんBLOG第3回

 

今日はいよいよ、ブランディングワークショップの日です。

ワークショップ会場に着くと、講師陣が出迎えてくれました。
『だるまさん、ようこそteam gardenへ!!』

nitadorisanokosekinakano

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやらteam gardenのワークショップではニタドリさんだけでなく、

色んな分野の専門家が関わって、これからの会社のことや自分の未来のことに
相談に乗ってもらえるようです。

—–

ワークショップは、ブランディングのことを全く知らない人でもわかるように
『ブランディングってどんなもの?』ということから始まりました。

 

koseki
『だるまさん、唐突だけれど、
提供する商品やサービスを買ってくれるお客さんは
どんなことにお金を払っていると思う?』
りんごの絵を指して、コセキさんは問います。

0-1

 

「りんごが食べたいときに、みんなが考えること・・・。
あっ!りんごを買う人は、甘くて美味しいものが良いよね。
値段が安いものを選ぶ人もいるかなぁ。」

『そうそう。そんな感じでもっと他の理由も考えられる?
お客さんはりんごに、どんな価値を求めているのか。』

「誰かにあげるなら、キレイなカゴや箱に入っているものが良いな・・・。」

『そうね!りんごを例にしてもこんなにたくさんの価値があって、
それぞれのお客さんが求めるものが違うの。』

sano
『例えばね、ある有機栽培のりんご農家がいる。その農家が生産するりんごは
育て方にこだわっているけれど、見た目がちょっと悪いんだ。
でも、健康に気を使う人にはとても人気がある。
それに、他の国のappleは、実は日本で普通に売っているりんごのように
生で食べるのでなくて、お菓子などに調理して使うものなんだ。
りんごは英語でappleだけど、すでに同義語ではなくなってきていて、
ヨーロッパや中国では「りんご」という名称で高級なフルーツとして、販売している場所もあるんだよ。』

「え!そうなの!?」

『住んでいる場所やそれを買う理由で、お客さんが求めている価値はそれぞれあるけれど、
ブランドというのはお客様の頭のなかにある商品や会社のイメージのこと。
言葉を返せば、会社や商品が、お客様にどう思われたいか、ということなんだ。』

 

nitadori
『そこで必要なのがブランドをつくる、ブランディング。
りんごを売るとき、味が違ったり、大きさや品質にばらつきがあると、
1つのブランドとして売りにくいので、どうしても低価格になるの。
お客さんの共感を得てファンになってもらうためにも、
商品の統一されたブランドイメージが必要なのよ。
そして! それと同時に、継続して事業を続けたいはずよね。
そのために目指す理念、ゴールを決めて、それに従い事業を進めるの。』

『優れたビジネスには素晴らしい理念があるというわ!』
そう言うと、資料を見せてくれました。
【ブランド理念】
コカ・コーラ  幸せな時間をつくり出す
グーグル  あらゆる好奇心を瞬時に満たす
ベンツ  人生における成功の象徴になる
アマゾン  選択と検索、発見の自由を生み出す


(参考文献:本当のブランド理念について語ろう
「志の高さ」を成長に変えたトップ企業50)

どれも有名な会社です。けれど理念までは知りませんでした。
でも「ああ、あの会社はそんな感じ!」と思える理念です。
知ると、なんとなく応援したい気持ちにもなります。

 

koseki
『ではさっそく、だるまさんの目指す世界、ゴールを探してみましょう!
「もし〇〇だったら、世界がもっと良くなるのに」という質問があるの。
だるまさんは、〇〇の部分にどんな言葉が入るかな?』

「ぼくは看板屋さんの仕事が大好きだから、看板でたくさんの会社を助けたいんです。
でも、自分のやりたい仕事ができない人もいるから、みんなも自分の好きな仕事ができると良いなぁ。」

『良いわね!では、だるまさん。その夢が実現したら、だるまさんはどうなっていると思う?』

daruma_san_color._サムネイルjpg
だるまさんは目を閉じて、うむむ、と考えました。
みんなが、好きな仕事で成功している社会。だるまさんの看板が、みんなの仕事を助けています。
毎日がキラキラ輝いていて、家族も友達も笑っています。
そして何より、だるまさん自身も楽しく仕事をしているのです。

だるまさんの話を聞いたみんなも、『それは良いね!』『じゃあ看板屋さんのほかにも、
仕事の幅を広げているのかな?』などと、感想を言い合いながら喜んでくれました。

『これからワークショップでだるまさんの仕事を色々な角度から洗い出すのだけれど、
今話してくれたのは人生のゴールを探すアプローチなの。
人生のゴールは、仕事の理念を決めるときのヒントになるのよ。』

『さあ、本日のワークショップはここまで!次回のワークショップでは、
ゴールの世界で、だるまさんがしていると思う格好 で来てね!』

だるまさんはちょっとだけ、戸惑いました。
でも、何故だかとてもワクワクしていました。

 

 

次回のお話・・・だるまさん、これまでの自分を思い出す。-だるまさんBLOG第5回

 

 

ワークショップについての補足:
①実際のワークショップは、コーチングとブランドコンサルタントがミックスされたワークショップです。
1-5年後までのビジョンやミッションなど、深く掘り下げて行います。

team garden
team garden メールマガジン